盛岡冷麺の歴史

やまなか家自慢の「盛岡冷麺」を徹底分析!

1986年の創業以来、手作りにこだわっております。麺は各店粉からスタッフの手で練り上げます。
スープはじっくり煮込んだコクのある旨みたっぷり至極のスープです。

最高級の馬鈴薯(北海道産)を使用。シコシコとしてコシが強く、つるんとした喉ごしの風味豊かな麺です。

じっくり煮込んだコクのある旨みたっぷり至極のスープ。

彩りも鮮やかなゆで玉子。
キムチで辛くなったスープに
黄身を溶いて、まろやかになった
スープを最後までどうぞ!

スープに合わせて
甘めに味付けしたきゅうり。
ちょっとした箸休めに
ぴったりの名脇役!

果物のすっきりとした甘さが、
最後の締めを演出。
このスープに合うのは、
夏はスイカ、秋は梨!

冷麺用に開発したキムチ。
さっぱりとした 爽やかな辛味が特徴。 手作りです。

じっくり煮込んで 味付けされたお肉が、さっぱりした冷麺に アクセントをつけます。

家庭用盛岡冷麺のおいしいつくり方をご紹介いたします!

盛岡冷麺のお求めはこちら

ご用意いただくもの

  • できるだけ大きな鍋
  • ざる
  • ざるが入るボール
  • 菜箸
  • 時計またはタイマー
  • 注し水または注し湯
  • 冷やしたどんぶり
  • おうちでご用意できる具材・果物など
    ・ねぎの輪切り
    ・すいか、なし、りんごなどの果物

【具材無しの場合】
・ゆで玉子
*その他甘酢で味付けしたきゅうり、牛チャーシューがあれば、よりおいしくお召し上がりいただけます。

  • なるべく大きな鍋にたっぷりとお湯を入れ沸騰させます。
  • 麺を軽くほぐしながら入れてタイマーON。

麺は必ず沸騰してから入れてください。
また複数作るときでも麺は一食ずつ茹でるのがおいしく出来上がります。

  • ふきこぼれそうになったら、ふきこぼれがおさまる程度に注し水または注し湯を加えます。

なるべく沸騰状態を保ってください。麺をゆでている間に、具材の準備をしておくと良いです。どんぶりとスープを冷蔵庫で冷やしておくと、なおGOOD!

  • 3分*たったら麺のゆであがり確認作業に入ります。
    麺を菜箸の先でひっかけ、「1、2、3!」と3秒カウントし、麺がすっと透き通るようになれば麺ゆで完了です。
    *生麺のため、季節により多少変化することがあります。

麺は茹で上がると透き通ります。
ゆであがりは3~4分を目安にしてください。

  • ゆであがった麺をすばやくざるに移し、ボールを敷いて2~3回水洗いします。
  • ざるに軽く押し付け、麺をしぼるように水を切ります。

手早く麺のぬめりを取るように洗いましょう。
水切りの際は絞りすぎに注意しましょう。
洗った後に氷水に浸して麺を締めると一層おいしくなります。

  • 冷えたどんぶりに麺を移し、スープを注ぎます。
  • 用意した具材を盛り付け、いりごまを入れ、冷麺キムチとお酢をお好みの量で入れてください。

やまなか家の盛岡冷麺『おいしさの秘密』

やまなか家のなかまたち 求人情報はこちら

スマホでカンタン順番受付 EPARK

やまなか家 Facebook

ウェブマガジン旅色に紹介されました

チェック

Copyright © KY Corporation. All Right Reserved.